ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > バンコク★思い出ごはん

バンコク★思い出ごはん

思い出ごはんが再現されるまで

ココナッツ・ベーグル


今まで200以上の料理を再現し、ネタもつきたので(笑)、
タイ料理再現までの道を今日は書きたいと思います^^。


(1) まず、食べたい料理が浮かんだら、手元のタイ語のタイ料理本(20冊くらい)を
そうざらいするか、ネットで、タイ語で検索をかけます。

日本だと、クックパッドを始め、普通の人がブログにレシピをアップしているので、
だだだだだーっとレシピがでてきますが、
タイではまだまだ少ないらしく、タイ語名で検索すると数個程度のときもあります。

クンチアンなど、タイ語のレシピで出てこないときは、
中国や台湾のレシピにあたることもあります。


(2)出てきたレシピをすべて見比べて、一番、私が食べたかった料理に近いレシピを基準に手を加えます。
(同じ料理でも、入れる材料や、手順が違うことが多々あるんで、レシピAに、レシピBのこれを加えて、レシピCにはこれがないから、これを取ろう、とプラスマイナスします。

カレーだって、牛か豚、シーフード、隠し味にコーヒーやチョコ、トッピングにチーズやコロッケとかいろいろありますよね^^;)


(3)ネットだと、これ、屋台の分量ですか? ってのがけっこうあるので(豚5キロとか)、
それを家庭用に10分の1、とかに材料を計算しなおします。


(4)そして、タピオカ粉を片栗粉にしたり、日本で手に入る材料に置き換えていきます。代用するのは、主に粉モノ。調味料や素材は、かなり日本でも手に入ります。

ま、同じ野菜やタイハーブでもタイと日本では味違うんですが。

手元に15冊くらいの日本語のタイ料理本があって、代用品を使うとき、何を使ってるかは、こちらを参考にします。


(5)レシピの完成!


(6)参考までにタイ語で画像検索もしておきます。
作る前のイメージトレーニングのようなものです^^;。


(7)レシピを元に、調味料や材料を、きちんと計量しながら作ります。このとき、砂糖が多いかな? 水分が少ないかな? と思ったら、微調整(調整したのも、ちゃんと記録しておきます)。


(8)料理の完成! この時点で、あれ? という味になることは、まずありません。ただ、好みで、もうちょっと濃いほうがいいかも、とか、はありますが。そしたら、それをレシピに書き込んで、後日、再計量して作ります。

 


こうやってできたのが拙著バンコク思い出ごはん―食べたい!タイ料理88レシピ

バンコク思い出ごはん~食べたい!タイ料理88レシピ

 

って、結局は宣伝かい(笑)。


ちなみに、最初にアップした写真は「ココナッツ・ベーグル」。

タイで食べたことはありませんが、ゴマやポピーシードのかわりにココナッツロングをまぶしてみたらおいしいかな? と思って作ってみました^^;。


2010年11月16日 17:56