ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 言葉の風

言葉の風
100108.jpg

2010年1月8日

やっと「今月の作家」の原稿を書き上げた。
たかが10枚、されど10枚。エネルギーが絞りとられる。
『果てしなきサーカスの旅』の著者、西田敬一さんに取材したのは、
12月24日。年末年始にかけて執筆をと目論んでいたのだが、
まったく手つかずで、3日前から、むち打って書きはじめた。
西田さんとは顔見知り程度の知己の間で、その著作を読むのははじめて。
たまたま書店の新刊コーナーにあった同書を立ち読みしたら、
ぐいぐいと引き込まれた。その力は半端じゃない。
購入後、一気に読み終え、この本と著者については自分が書かねばと思った。
サーカスに実際に関わってきた人が著したノンフィクションである。
国内、海外のサーカスの世界、その表舞台と裏舞台、そこに関わる人、
文化などが巧みな文章で語られていく。
国際サーカス村をつくるという夢を追いかけ、艱難辛苦の末にそれを果たすが・・・。
物語はそんなことでは終わらない。
「挫折も失敗も、それ自体が活動そのものであり、
 いわば永遠につづける運動のひとこまとして認識できなければならないはずだ」
久しく、だれかの言葉に励まされるということはなかったが、
西田さんのこの言葉には強く打たれた。
泣きたくなったら、この言葉を掲げる。この人を思い起こす。
「今月の作家」、西田敬一さんの紹介は、
来週火曜日の配信予定です。

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://konohoshi.jp/mt/mt-tb.cgi/152

コメントする