ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 言葉の風

2010年5月アーカイブ

SENDAI田園の朝

SENDAI田園の朝

今朝は仙台の北東部に広がる田園を散策。大荒れだった昨日とは一転、空が明るい。その天の青と白をはねかえす水の鏡面。田植えは済んだばかり。姿は見えねどもアオガエルの鳴き声が甲高い。あぜ道にはここちよい水音...

| コメント(0) | トラックバック(0)

遙かかなたの新しい夏休み

遙かかなたの新しい夏休み

松島に着いた。肌寒く、小雨が降りかかる。雲は低く、海は灰色。映えるのは、新緑と藤の花、眼下を行き過ぎる遊覧船の白い色彩だけ。2日前、真夏を思わせるような炎天下、諏訪神社・下社の秋宮を訪ねて、立てられた...

| コメント(0) | トラックバック(0)

吉兆の夢

吉兆の夢

東の空のいちばん奥の空に、一瞬だけ入道雲が上がった。けさは涼しく、とても夏という感じではなかったが、もくもくと輝いている雲をみていると、夏を前にした子どものように、気持ちが高ぶってくる。でも、風が強い...

| コメント(0) | トラックバック(0)

ナンジャモンジャ

ナンジャモンジャ

ナンジャモンジャが近くの散策道に何本も立っている。いま、一斉に白い花を咲かせている最中だ。青い空に泡立つ、ナンジャモンジャの木。学名は、ヒトツバタゴ。でも、でも、その下を過ぎるたびにナンジャモンジャ、...

| コメント(0) | トラックバック(0)

少年ヴァイオリニスト、山根一仁

少年ヴァイオリニスト、山根一仁

舞台袖から弾かれたように少年があらわれ、スタスタと中央に進み、オーケストラの前に立った。黒ずくめの細長いシルエット、遠目からもイケメンだとわかる端正な顔立ち。さらりとした黒髪が風もないのにしきりに揺れ...

| コメント(0) | トラックバック(0)

これが最後のビートルズ

これが最後のビートルズ

ポール・マッカートニー・・・。かれのファンだった月日はじつに短かった。ビートルズにハマってしまったのが1970年、14歳の夏。あの夏、EP盤『LET IT BE』にいったい何度、針を落としたことだろう...

| コメント(0) | トラックバック(0)