ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 言葉の風

2010年8月アーカイブ

マーガレット・ワイズ・ブラウン『おへやのなかのおとの ほん』

マーガレット・ワイズ・ブラウン『おへやのなかのおとの ほん』

"夜のしじま"というものは、ほんとうにあったのだろうか。はるかむかしのことで、もうその音がほとんど思い出せない。でも、間違いなく、夜のしじまは、夢のなかへ入る前、枕元までやってきた。子どもの頃、寝床に...

| コメント(0) | トラックバック(0)

真夏、海、バス

真夏、海、バス

逗子駅前から出たバスは商店街を抜け、黒い川を越えたり、黒い川に沿ったりしながら海岸通りへとむかっていく。エアコンを最大限にしているのか、通気口から吐き気がするほど冷風が頭に吹きつけてくるが、バスは太陽...

| コメント(0) | トラックバック(0)

虹に願いを

虹に願いを

夕方近く、空に虹があがった。1年ぶりにみる虹。きれいに半円を描いている。デジカメでチッチッと撮っているとみるみる色あせて消えていった。さっと出てきて、さっと消えていく。その刹那がいいと思った。虹があま...

| コメント(0) | トラックバック(0)

森の匂い

森の匂い

このひと月ほど嗅覚がない。アレルギー性鼻炎がその原因だ。この時期だとブタクサに反応しているのか。鼻炎でなければ、ヒトサマの倍は嗅覚に優れていると思うのだが、年がら年中、鼻がきかなくなる状態にある。香り...

| コメント(0) | トラックバック(0)

SENDAI 七夕まつり

SENDAI 七夕まつり

34年ぶりにふるさと仙台の七夕まつりへ。ただただ人の波にゆられ、ゆられて吹き流しのなかをくぐる。変わらないなあ・・・。この単調さに何年も訪れることはなかった。今年で100周年を迎えたという仙台の七夕。...

| コメント(0) | トラックバック(0)

象を倒し食べる人たち

象を倒し食べる人たち

横たわったゾウに人々が群がっている。空き缶でつくったナイフ、そして素手によって皮をはがされた真っ赤な巨体。血の山に押し寄せた人たちは、我先にとその肉を引き裂き、引きちぎる。なかには待ちきれなくて、その...

| コメント(0) | トラックバック(0)