ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 言葉の風

言葉の風
0808.jpg

SENDAI 七夕まつり

34年ぶりにふるさと仙台の七夕まつりへ。
ただただ人の波にゆられ、ゆられて吹き流しのなかをくぐる。
変わらないなあ・・・。
この単調さに何年も訪れることはなかった。
今年で100周年を迎えたという仙台の七夕。
歴史の浅ささもそうだが、
発祥はいわば商店街の販売促進。
物語がない。神もいない。伝説・伝承もない。
もちろん七夕には東アジアの神話があるかもしれないが、
いまあるのは、「願い事」という現世御利益、そして、
「七夕」というロマンチックな名称(=ブランド)だけ。
それでも、どこまでも続く竹飾りに子どもは大喜び。
手に届きそうで、届かない吹き流しにジャンプしたり、
大きなくす玉に口をあんぐり。
さて、行けども、行けども視界をさえぎる七夕飾り。
それが妙に幻想的になってくる。
ここはモロッコ? ラビリンス?
いやいや、、どこまでも真っ直ぐなメインストリート。
この日は最高気温34度という酷暑で、アーケードの中にこもった
人いきれと熱気に朦朧(もうろう)としないではいられない。
嫌気と弛緩がとけ合った前進は、まるで迷路だ。
苦痛と快楽がゆっくりと回転する。
風車のように歩く。
長い長い「中央通り」が終わり、「一番町通り」とぶつかる。
街の中心。人の流れは一端ここで破綻する。
台風の目のような地点。
ここを動けば、南も北も東もかまびすしい。
西へむかう通りだけが閑散としている。
通りのはるか向こうには、
黒く輝く青葉山の森がみえる。
ふるさとの真夏にはっとする。

カテゴリ: ,

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://konohoshi.jp/mt/mt-tb.cgi/345

コメントする