ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 言葉の風

2010年9月アーカイブ

『貝の子プチキュー』

『貝の子プチキュー』

死んだようにかたく口を閉ざしていたやつが、いつの間にか水のなかで白いやわらかなベロを出している。ベロは足である。水面にツノのように突き出た出水管から水が吹き上げられ、銀色のシンクに細かな水しぶきがキラ...

| コメント(0) | トラックバック(0)

スピリットレシピ

スピリットレシピ

食べることに執心する人を少なからず軽蔑していた。ずっとむかしのこと、若い頃の話だ。人はパンのみに生きるにあらず―そんな求道的なところがあったかもしれない。どこそこのなにが美味かった、不味かったという会...

| コメント(0) | トラックバック(0)