ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 言葉の風

言葉の風
100913.jpg

『貝の子プチキュー』

死んだようにかたく口を閉ざしていたやつが、
いつの間にか水のなかで白いやわらかなベロを出している。
ベロは足である。
水面にツノのように突き出た出水管から水が吹き上げられ、
銀色のシンクに細かな水しぶきがキラキラと散っている。
おっ、生きてる、生きてる。安心する。
シジミやアサリの砂抜きをしているときの話だ。
この小さな貝たちぐらいではないだろうか、
かわいいと思うのと同時に食べたいという気にさせる生きものは。
茨木のり子さんが書いた唯一の絵本『貝の子プチキュー』。
主人公プチキューは、アサリよりもちっちゃな貝のようだ。
物語の舞台はもちろん海だ。
しかし、プチキューという語音には、なにか台所の匂いがする。
ぷりぷりとした貝をかみ砕いたときの食感さえ伝わってくる。
―どっどど どどうど どどうど どどう
 あおいくるみを吹き飛ばせ・・・
ご存じ宮沢賢治『風の又三郎』の一節だ。
オノマトペの極北というと、仰々しいかもしれないが、
この、どっどど どどうど どどうど どどう は、
風の音さえも呑み込んでやってくる風の全姿をとらえた擬音なのか。
風の姿などだれも見ることできないが、
本物の詩人であれば、そう難しくはないかもしれない。
詩人というのは森羅万象を言葉に置き換えたくなる生きものだ。
音を発生させ、文字の象(かたど)りを援用し、比喩を使い、
ときに意味をころし、リズムをとり、霊感を降らせ、
およそありとあらゆる手を打ちながら、
いままで聞いたこともない一節、一句で世界を変えてしまおうとする。
置き換えるとは変わってしまうことだ。
茨木のり子さんも一流の詩人であり、オノマトペに秀でている。
ダボデン ダボデン これはなんの音だろう。
海の波の音らしい。波は退屈しているのだ。
モカモカ これはなんだ?
カニの子が怒って泡を出しているのだ。
トキトキの とがった やつってどんなやつだろう。
海に落ちてくるガラスのかけらだ。 
バカヤロ、そんな言葉も発せられるが、
これなども意味の殻から飛びだした、なにかの擬音に聞こえてくる。
オノマトペの使用はこの絵本ではそれぐらい。
これが過ぎればうるさいし、愚かしい文となる。
いい詩といい絵本に共通するところは、
読み終えた直後、めまいに襲われることだ。
ミルクティを一杯飲み終えるほどの短い時間で、
予想できない世界が現れ、消えていく。
荒唐無稽さもいいが、それだけではダメ。
生きとし生けるものを貫く、かなしみやよろこびが
歌になっていなければ、こころの足元もグラグラとはしない。
不安定になるのはもちろん現実のほうだ。
この絵本は歌をうたっている。

貝の子プチキュー 』茨城のり子 作  山内ふじ江 絵  (2006年、福音館書店)

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://konohoshi.jp/mt/mt-tb.cgi/387

コメントする