ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 言葉の風

言葉の風

スケッチアーカイブ


続・小学校のテキ屋さん

続・小学校のテキ屋さん

小学校のテキ屋さんといえば、 もうひとつ定番ともいえる看板商品があった。 ヒヨコだ。卵を産まないオスのヒヨコをよく売りに来た。 >> 続きを読む


小学校のテキ屋さん

小学校のテキ屋さん

小学校の正門前にテキ屋さんがいろんなものを 売りに来ていた時代があった。 ソファで半分うとうとしているとそんなことを突然思い出した。 >> 続きを読む


船と港の記憶

船と港の記憶

ホテルニューグランドのカフェで原稿を書き、店を出たら 夕闇のなかにイリュミネーションされた氷川丸が浮かび上がっていた。 昨日は、気分転換にノートパソコンをリックに入れて、 山下公園を散策し、それからホテルのカフェで仕事をした。 >> 続きを読む


港ヨコハマは、やっぱり山下公園

港ヨコハマは、やっぱり山下公園

港ヨコハマは、やっぱり山下公園がおちつく。 桜木町駅から弁天橋をわたり、みなとみらいを横目に 「旧市街」といったら怒られるだろうか・・・ ところどころに古い建造物の残る街区に入っていく。 >> 続きを読む


雪だるまにそり遊び

雪だるまにそり遊び

雪の降った昨日、公園や広場のあちこちに 大小いろいろな雪だるまが立っていた。 最近の雪だるまは、木の枝などで手がつけられていたり、 歯まで描かれていたりして、なかなか個性的だ。 >> 続きを読む


縄文土器をひろう

縄文土器をひろう

縄文土器のカケラらしきものをひろった。 縦3.5㎝、横2.0㎝、厚さ1.0㎝。 やや湾曲しているので、壺か甕(かめ)の破片なのだろう。 明るいブラウン色の表面に細い縄を巻いて描いたのか、 網目状の模様が残っていた。 >> 続きを読む


擬態の日向ぼっこ

擬態の日向ぼっこ

マンションのひとけのない非常階段の壁に へんな生きものがはりついている。 小枝そっくりだ。大きさは4センチほど。 こんなものが道にいたら、まず虫とは気づかないだろう。 >> 続きを読む


海のないみなとみらい

海のないみなとみらい

横浜には「みなとみらい」という、 ウォーターフロント計画の一環としてバブル期にプロジェクトされた 都市開発地区がある。 ここを夏に訪れれば太陽の灼熱に焼かれ 冬なら寒風に吹き飛ばされそうになる。 >> 続きを読む


アカゲラさん

アカゲラさん

きょうはなにもかも放りだして、 青空の下へ。 ママチャリで坂を上っては下り、上っては下る。 うしろの席には重さ16キロの女の子。 重くもないが軽くもない。 全力でペダルをごぐ。 >> 続きを読む


梅と春と抱擁と

梅と春と抱擁と

丘陵の尾根道を自転車で走っていると、 園芸農家の敷地で白梅がいっせいに開花しているのをみた。 空から雲が降りてきたような光景に思わず、はっとさせられた。 さらにすすんでいくと、 >> 続きを読む

前の10件 1  2  3  4