1. トップ  >
  2. Today's Shot / 言葉の風  >
  3. アーカイブ

Today's Shot / 言葉の風

2009年4月19日
Today's Shot
photo
言葉の風

晴天の下、ツバメが空高く戯れていた。
いや、虫を捕食している真っ最中だったかもしれない。
ご存じのように、
ツバメが人間のわきを抜けるように低く飛ぶときは、
雨のしらせだという。エサとなる虫が天候によって
飛ぶ位置を変えることに関係しているらしい。
ツバメは「街」という場所を選んで子育てをする。
なぜならば、人間が子育てを見守ってくれるからだ。
それを知っていて、ビルのファサードや住宅の軒先、
倉庫の天井などに巣作りをする。
そこには、だれか心優しい人がいるのだ。
see you tomorrow!

参考文献:『都市鳥ウオッチング』唐沢孝一 講談社

2009年4月18日
Today's Shot
photo
言葉の風

おなかがすく。
これって、複雑な状態だとは思いませんか?
食事という快楽の時が近づいてきた喜び。と同時に、
まだ満たされていない状況の苛立ちもありますね。
『風邪の効用』で知られる野口晴哉は、
「おなかがすく」という状態をつくることは、
健康にとてもいいといっています。
ある遺伝子研究者によると、絶食や断食は、
“いい遺伝子”を覚醒させる、とも。
おなかがすくは、人を元気にするようです。
でも、世界では6秒に1人、子どもが飢えで死んでいます。
ひとり一人できることをする。
人が人を助ける輪、それも人類を元気にします。
see you tomorrow!
世界の飢餓状況 http://www.wfp.or.jp/kyokai/hunger.html


2009年4月17日
Today's Shot
photo
言葉の風

あちこちでタンポポが花をひらいています。
ほとんどは外来種のセイヨウタンポポだといいます。
「自己受粉」という子孫繁栄のための最大の武器を
セイヨウタンポポはもっているのです。
その群生はクローンの集まりといっていいでしょう。
追いやられるカントウタンポポなどの在来種。
強いものが弱いものを駆逐する無情。
それを嘆く、われわれも生き残ってきた強い種です。
多くの生きものを絶滅させてきた人類。
けれど、他の種を守る知恵を持っているのは
人類だけです。
see you tomorrow!


2009年4月16日
Today's Shot
photo
言葉の風

ツクシを見かけるようになりました。
このツクシ、土壌がゆたかな場所よりも
やせたところに多く見られるといいます。
ひょろっとしていますが、
じつはたくましいヤツだったんですね。
佃煮などにして食べたことのある人も多いでしょう。
最近、花粉症に効果があるということで注目され、
「つくし飴」なる商品もつくられています。
ただ、効く効かないは人によります。
自分に合うものをさがして漂流する人々。
個体差は、健康マーケットに貢献しているようです。
see you tomorrow!


2009年4月15日
Today's Shot
photo
言葉の風

意外な太陽の話。
太陽系の中心は太陽です。
太陽のまわりを惑星がまわっています。
あたりまえのことですね。
でも、太陽も太陽系の中心をまわっているって
知っていました?
木星の影響を受けているのだそうです。
巨大な質量をもつ木星の引力によって、
太陽は、太陽の半径ほどの距離を
太陽系の中心からズレてしまうのです。
圧倒的な存在にも
力が及ばないことはないのですね。
see you tomorrow!


2009年4月14日
Today's Shot
photo
言葉の風

今年に入ってから
太陽の黒点がほとんど見られないという。
100 年ぶりに太陽は活動の極小期に入っているらしい。
太陽が低活動期に入ると、
寒冷化がもたらされるそうだ。
「温暖化」vs「寒冷化」で、
地球の気温が相殺になればいいのだが、
ことはそんなに単純なことには思えない。
「地球温暖化」が正しい見解かどうかは異論もある。
しかし、多少の誤謬があったとしても
「温暖化」対策は正しい方向なはずだ。
ひとり一人の行動は、地球に
新しい連帯の意識を生む。
see you tomorrow!


2009年4月13日
Today's Shot
photo
言葉の風

去年、プラスチックケースのなかに
枯葉とどんぐりだけの森をこさえ、
ナミテントウムシを2匹飼いました。
無事に越冬。ところが、
4月、野に放とうとする直前、
1匹を死なせてしまいました。
裏の森にケースを置いて1時間。
生き残ったやつはもういません。
死骸のほうは、
さっそくアリたちが担ぎ上げ、
粛々として持ち去っていきました。
スミレやシャガがそこかしこに
花を咲かせ、
森は生きもので
満ちはじめています。
see you tomorrow!


>>  次のページ