ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 山日誌

山日誌

窓からの紅葉

窓からの紅葉

拙宅のトイレや風呂がある下屋の北側の窓から見える紅葉です。窓からの景色が一幅の絵のようで、とても恵まれていることだなあ、しあわせなことだなあと思います。朝日が当たると特にきれいです。冷えて空気が澄んでいるところの紅葉の山々に朝日が当たると、それはそれはこの世とは思えないくらいの美しさと迫力があります。燃えているように鮮やかな色です。燃えているせいか、見ている私の心も静かに熱くなってくるような気がします。朝日が当たってしばらくすると、朝露が靄となって、あたりを漂い始めます。そこにも朝日が当たって、またまた荘厳な美しさになります。

少しずつ色づいた葉が散っていきます。時には雪が降るように葉が舞い散っていくこともあります。その有様もまた見事です。葉がすべて落ちきれば、やがて白い冬がやってきます。



日々の風景

20101109_02.jpg

散歩途中の段々田ごしの紅葉です。



2010年11月 9日 23:55