ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 山日誌

山日誌

息子のリースづくり

息子のリースづくり

私が20年ほど前に買っていた刃渡り10センチくらいの小さめの屶(ナタ)を、春に息子が道具の箱の中から見つけてきたので、「マスラオにあげる。自分の屶にしなさい」ということで、彼は5歳(屶を見つけた時は5歳で現在は6歳)にしてマイ屶を持つことになりました。「門前の小僧習わぬ経を読む」とはよく言ったもので、私が山で使う様子を見ていたせいか、見ていると使い方もなかなか手慣れた感じです。

腰に屶をさげて、枝を削ったりして遊んでいましたが、最近は葛のツルを伐って来て、リースを作るのに没頭しています。保育所の友達のお母さんからちょっとほめられたくらいにして、注文までもらったものだから、彼はますます上機嫌で、小春日和の日曜日、葛ツル集めにいそしむのでした。

けがは怖いですが、もともと慎重な方なので、あまり心配はしていません。そのツルの切り口をみると、スパッと斜めに切断されていて、なかなかどうして、たいしたものです。後に掲載しているのが、彼が全くの独力で制作したリースです。


子ども日誌

101207_02.jpg

息子製作のリースです。多少ワイルドな風合いも出ていて、なかなか味わいがあります!?


メールマガジン『炭焼名人の樹木語り/石太郎樹木図鑑』(購読無料)ぼちぼち発行中です。

我が炭焼の師匠:佐藤石太郎さん(1920生まれ)が語った、石太郎さんの中にあるそれぞれの樹木の物語を、写真や石太郎さんの話をテープおこししたものなどで紹介します。
メールマガジン『炭焼名人の樹木語り/石太郎樹木図鑑』

後記

先日、わが炭焼きの師匠である佐藤石太郎さんの90歳のお祝いをしました。


2010年12月 7日 23:00