ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 山日誌

山日誌

豪雪

豪雪の七ヶ宿(1/22)

豪雪の七ヶ宿です。本宅と、風呂焚き用の薪小屋がご覧の通りです。本宅は自然に雪が落ちるので、そのままですが、太陽光発電のパネルはすっかり雪が被って発電どころではありません。煙突2本の内の左側の長く見えるのは、ウッドボイラーのもので、その脇の屋根には雪止め金具が付けてあるので、こちらの屋根は自然には落ちず、雪の量もかなりです。薪小屋の方は雪下ろしをもう2回はしましたが、ご覧の通りです。傾斜は緩やかで高さも低いので、最近ニュースで流れている事故の心配はまずありません。というか、落とした雪などで軒近くまでの高さになっているので、落ちるといっても20センチほど、というよりも歩いてハシゴ無しで屋根に上がれます。手前の物干にご注目。横竿近くの高さまで支柱は埋まっています。冬の洗濯干しはもっぱら屋根裏部屋です。

さてさて、そろそろお空も雪降るの飽きてこないのかねえ。



日々の風景

しぶんぎ座流星群(1/22)

年明け早々の早朝、町内の若い友人である高橋武尊君が、しぶんぎ座流星群の撮影をするということで、拙宅脇の雪原にやってきました。彼と家内は雪原に仰向けになって、しばし空を眺めました。私は少し遅れていきました。いくつか流れ星を確認できました。飛行機、人工衛星らしきものもありました。彼が撮影した画像がとても美しいので、掲載します。(撮影日:2011/1/4 撮影者:高橋武尊)


後記

拙宅の濡れ縁の軒に、シジュウカラが巣をこしらえたようです。吹雪でも頻繁に行き来しています。


2011年1月21日 23:47