ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 山日誌

山日誌

野蚕(ヤサン)

野蚕(ヤサン)

野生の蚕(カイコ)、ヤサンです。この画像は黄緑ですが、金色のような黄色のものも見かけます。野生の大型の蛾のサナギです。これは、随分低い位置にあったので冬の間は雪の中だったかもしれません。

織りと染めを少々学んだことのある家内に聞いたら、これから糸を紡いで、織物に使われることもあるそうです。高級品だそうです。いわゆる生産されている蚕と比べると、かなり小さめです。繊維の量も少ないように見えます。

この養蚕業と白炭は、実は深い結びつきがあると聞いています。冬の間蚕を飼育するのに防寒で白炭を使ったとも聞きました。白炭は一酸化炭素がほとんど出ないのでムシが死なないというわけです。また一説では、繭から糸を引き出す女工さん達が、糸を採りやすくするために小鍋に湯を沸かしてそこに繭を漬けておくのだそうで、その際ガスの出る黒炭だと女工さんが中毒を起こしてしまうので、白炭を使ったという話もあります。


日々の風景

炭出し

美しい炭出し。それが仕事であることの幸せ。感謝。


後記

昨年と同じ場所にキセキレイの巣がけが始まったようです。


2011年4月 7日 23:10