スペシャルインタビュー Vol.4 己を超え、世界を包括的にデザインする 現代アーティスト 鴻池 朋子さん(第1回)

鴻池朋子(こうのいけ・ともこ)プロフィール

鴻池 朋子さん スペシャルインタビュー現代アーティスト。1960年秋田市生まれ。1985年東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業後、玩具会社でデザインの仕事に就く。1997年より作品制作を開始する。2005年アクリル絵具・墨による4つの大作『物語シリーズ』(東京都現代美術館、大原美術館等)を発表、話題となる。
2009年に大規模な個展『インタートラベラー 死者と遊ぶ人』(東京オペラシティアートギャラリー)、同年『インタートラベラー 12匹の詩人』(鹿児島県霧島アートの森)を開催。グループ展においても、欧米やアジア地域など多くの都市で精力的に作品を発表、国内外でその評価が高まっている。主な著作等『六森未来図』(森美術館)、渋澤龍彦著『狐媚記』挿絵(平凡社)、絵本『みみお』青幻舎。

>> インタビューへ戻る


鴻池朋子『インタートラベラー 死者と遊ぶ人』

『インタートラベラー 死者と遊ぶ人』
鴻池 朋子 著
(2009年、羽鳥書店)

『狐媚記』

狐媚記 (ホラー・ドラコニア少女小説集成)
澁澤 龍彦/著・鴻池 朋子/絵
(2004年、平凡社)