2010年7月5日掲載

スペシャルインタビュー Vol.3 「市井の人々」の物語を紡ぎだす ルポルタージュ・コラムの名手 上原 隆さん

上原 隆さん プロフィール

上原 隆さん

上原 隆(うえはら・たかし)

1949年横浜市生まれ。作家、エッセイスト、コラムニスト。
立命館大学卒業後、映像制作会社に勤務。会社勤めのかたわら、雑誌「思想の科学」において編集企画に携わり、その後、執筆活動に入る。市井の人たちに取材を行い、その生き方を詳らかに物語る独特の世界は、ルポルタージュ・コラムとも称される。ベストセラーとなった『友がみな我よりえらく見える日は』ほか、『喜びは悲しみのあとに』『雨にぬれても』(以上、幻冬舎アウトロー文庫)、『にじんだ星をかぞえて』(朝日文庫)、『胸の中にて鳴る音あり』(文藝春秋)など著書多数。ぐっとくるストーリーの数々が、世代を超えて幅広い人々の心をつかむ。
お話をきかせてくださる方は、 までご連絡をください。

著書紹介

取材協力店

スーホルムカフェ新宿店
(インタビュー取材のためのスペースをご提供いただきました)
東京都新宿区新宿2-19-1
BYGSビル1F
電話:03-5363-1262
営業時間:11:00〜20:00


>> 上原 隆さんスペシャルインタビューへ戻る