1. トップ  >
  2. 美術館へ行こう  >
  3. 白州正子展

「随筆家・白洲正子 ―あざやかなる生の軌跡」展

招待券を5組(10名様)にプレゼント!
応募期間:2010年10月28日(木)〜11月23日(火・祝) 抽選日:2010年11月25日(木)

「生誕100年 随筆家・白洲正子 ―あざやかなる生の軌跡」展

随筆家・白洲正子−あざやかなる生の軌跡

「随筆家・白洲正子−あざやかなる生の軌跡」展 チラシ

伯爵家に生まれた白洲正子(1910〜1998)は、たぐいまれな感性と独自の視点によって日本文化を見直し、古人の想いや生活、日本古来の美の世界を現代によみがえらせました。「私達の歴史は、たとえ無意識にせよ、私たちと共にある、私たちみんなの中に生きている、そう自覚することが、生きていることの意味」(「夕顔」)と述べる正子は、数多(あまた)の作品や日々の暮らしの中でそれを体現しました。既成の概念にとらわれることなく、自分の目で見、感じ、それを己の言葉で表現した正子の魅力は、今なお多くの人々の共感を得、また憧れとなっています。

本展では、感性の源であり創作の原点であった「能」との係わりを起点に、多くの作品を紡ぎだし終の棲処となった鶴川での生活や、小林秀雄、青山二郎らとの交友を経て開花した作品世界を、愛用の品々や自筆原稿とともにご紹介します。白洲正子はいかにして「随筆家・白洲正子」になったのか―。その軌跡と魅力を御覧いただければと思います。

白州正子

「こうげいにて」武相荘提供

◆学芸員・市民研究員によるギャラリー・トーク
11月13日(土)、16日(火)、30日(火)、12月11日(土)、14日(火)
いずれも14:00〜15:00
※ 申込み不要(観覧券を購入の上、展示室入口にお集まりください)

会期 2010年11月3日(祝日・水曜日)〜12月19日(日)
観覧時間 午前10時〜午後5時(入室は午後4時30分まで)
ナイトミュージアム:11月19日(金曜日)および12月17日(金曜日)は、午後8時まで開室(入室は午後7時30分)
休館日 毎週月曜日
毎月第2木曜日(11月11日、12月9日)
会場 町田市民文学館ことばらんど2階展示室
(JR横浜線「町田駅」町田ターミナル口から徒歩8分)
リンク 町田市民文学館

招待券プレゼントの応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。