1. トップ  >
  2. 世界の音楽

世界の音楽 星川京児のルーツ・ミュージック・コラム このほしのあなたの知らない音楽

音楽プロデューサー、星川京児による民族音楽の紹介コーナー。
The world roots music libray (KING RECORDS) のなかから毎月アルバム一枚をピックアップ。試聴もできます。
星川京児のプロフィールはこちら

北インドの古典声楽カヤール~ビームセン・ジョーシー

vol.11 声が音の粒となって見えてくる 正統、インド音楽の楽しみ方

2010年10月15日掲載

まず歌ありき。インド古典音楽では、楽器は歌を盛り上げるためのものであり、声楽が一番上に位置づけられている。北インドの古典声楽“カヤール”を継承するビームセン・ジョーシー。インド文化の極致ともいうべき、その声の芸術を一度味わってみてください。
〔詳しく見る〕


イラン/ホラーサンとアゼリーの音楽

vol.10 繊細な二弦の響き、哀切にみちたクルドの叫び - イラン『クルドのナヴォイェ』

2010年9月8日掲載

西洋音楽を厳しく禁止するイラン。しかしこの国は、“楽器の故郷”と称されるほど様々な種類のものを揃えています。なかでも弦楽器類は豊かで、世界各地の“現役”楽器の源(みなもと)となっているのです。
〔詳しく見る〕


アイヌのユカラ〜萱野茂

vol.9 語り継がれる民族の言葉と魂 - 不思議の癒し アイヌのユカラ

2010年7月28日掲載

アイヌ民族の宝"ユカラ"は、独特の跳躍感のある節と、寄せては返す波のようなリズムを持ちます。忘我の境地というのでしょうか・・・。一度は体験していただきたい、不思議な癒しに導かれる音楽です。
〔詳しく見る〕


ボリビア/アイマラのフォルクローレ〜グルーポ・アイマラ

vol.8 ボリビア・アイマラ族、祭りの歓喜 アンデスの澄んだ空気に響く笛“シーク”の合奏

2010年6月22日掲載

豊かな笛文化をもつアイマラ族。祭礼の時に演奏されるシーク(パン・フルート)の合奏"シクリアーダ"は、アンデスの澄んだ空気をリズムカルにふるわせ、部族の歓喜をダイレクトに伝えてきます。
〔詳しく見る〕


ロシアの歌/ポクロフスキー・アンサンブル

vol.7 ロシアのパフォーマンス集団 社会が築いてきた文化の粋をそのまま切り取る

2010年4月30日掲載

歌の素晴らしさは折り紙つき。ポクロフスキー・アンサンブルの特色は、パフォーマンス集団でもあること。楽器からダンスまで、その社会が築いてきた文化の粋をそのまま継承する。
〔詳しく見る〕


白袴ヤオ族の音

vol.6 白袴ヤオ族の音楽 祖霊、精霊が聴く。音を伝わって降りてくる“何か”

2010年2月24日掲載

東南アジアから中国各地にまで散ったヤオ族の一つ、「白袴ヤオ」。大人数による連続したゴング・ミュージックは、聴く者をいやがうえでも陶酔に導きます。サンプル音源は、「囁(ささや)き歌」。アルバムは、2004年に現地で収録したもので、世界初録音となります。
〔詳しく見る〕


ウイグルの音楽〜ムカームと民謡

vol.5 「タック・スーレィ」パシャ・イシャ 乾燥した空気の生んだ強靱な声

2010年1月21日掲載

中国の新彊ウイグル自治区を代表する女性歌手パシャ・イシャ。中央アジアの砂漠とオアシス、その気候風土が生んだ強靱にして艶のある独特の歌声を紹介します。
〔詳しく見る〕


パキスタンのカッワーリー〜メヘル・アリー&シェール・アリー

vol.4 パキスタンの恍惚舞踏 「古典理論」による高度なスタイル、トランスに導く迫力

2009年11月19日掲載

今から700年ほど遡る時代、南アジアに誕生したイスラームの歌謡“カッワーリー”。古典音楽の理論に裏打ちされたきわめて高度なスタイルを継承しつつ現在に至っている。今、その筆頭にあるのは、メヘール・アリーとシェール・アリーだ。サンプル音源で試聴できます。
〔詳しく見る〕


タンザニアの音楽

vol.3 ヴォイスの超絶技巧 アフリカ、人類の声の原点を聴く

2009年10月15日掲載

12弦の胡弓とハープを組み合わせたような創作楽器を弾きながら、唸り声、呼び声、倍音唱法まで駆使した声の超絶技巧を披露するフクエ・ザウオセ。アフリカのスピリチュアルが伝わってくる・・・。サンプル音源で試聴できます。〔詳しく見る〕


キルギスの音楽

vol.2 オーズ・コムズ(口琴)が活きる 中央アジアの異端児、キルギスの美しい恋愛歌

2009年7月1日掲載

中央アジアの異端児、キルギスの恋愛歌。遊牧の民の澄んだボーカルゼーションに草原と地平線が目に浮かびあがる。そこにどんな美しい人がいるのだろう・・・。サンプル音源で試聴できます。〔詳しく見る〕


台湾先住民の音楽

vol.1 自然への畏れと共鳴が生み出した 台湾先住民ツォー族の聖なるポリフォニー

2009年5月28日掲載

台湾の原住民、ツォー族の命をかけた聖なる調べ、神を迎える歌【エホイ】。日本の近くにこんなにも異質な音楽があったのか・・・。サンプル音源で試聴できます。〔詳しく見る〕