1. トップ  >
  2. 読者プレゼント  >
  3. 展覧会招待券 フセイン・チャラヤン ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅

読者プレゼント 展覧会招待券

東京都現代美術館
フセイン・チャラヤン ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅

北キプロス・トルコ共和国出身のファッション・デザイナーであり、アーティストでもある、フセイン・チャラヤンの日本での初個展が4月3日から6月20日まで東京都現代美術館で行われます。
こちらの展覧会の招待券を5組(10名様)にプレゼントいたします。

ファッションとアートの間を横断的に活動

≪慣性≫2009年春夏 photo: Chris Moore

≪慣性≫2009年春夏 photo: Chris Moore

フセイン・チャラヤンは、1994年のデビュー以来、ファッションとアートの二つの領域を横断的に活動するクリエイターの先駆者として、世界に影響を与えてきた。一つ一つのコレクションに込められた、現代社会に対する文明史観的な批評性や物語性、LEDやレーザー光線など最先端のテクノロジーを駆使した革新的なデザインは、国際的にも高い評価を獲得している。アートの分野においては、映像作品やインスタレーションを精力的に制作。2001年イスタンブール・ビエンナーレや2005年ヴェネツィア・ビエンナーレなどの国際展に参加。日本では、2007年に東京で開催された「スキン+ボーンズ」(国立新美術館)、「SPACE FOR YOUR FUTURE」(東京都現代美術館)などの展覧会で作品が紹介され、話題を集めた。

初期の話題作「埋められたドレス」から映像インスタレーション『不在の存在』まで

フセイン・チャラヤン展

≪場から旅路へ≫2003年 映像作品
© hussein chalayan / neutral 2003

数ヶ月土の中に埋めたシルクのドレスを掘り起こし、それを大学の卒業制作として発表し、一躍注目を浴びた初期の「埋められたドレス」。クリスタルと15,000個の明滅するLEDでできた純白のドレスや200個以上の動くレーザー光線が組み込まれた服など最新のテクノロジーを駆使したもの、そして2009年の新作まで、この15年間の代表的なコレクションを展示。また、動きのあるマネキンのスペクタクルなインスタレーションや、女優ティルダ・スウィントンが主人公を演じる『不在の存在』(2005年)、未来のロンドンからイスタンブールへ旅をする『場から旅へ』(2003年)などの映像インスタレーションを紹介する。

≪エアボーン≫2007年秋冬

≪エアボーン≫2007年秋冬
インスタレーション風景(デザイン・ミュージアム、ロンドン)
photo: Luke Hayes

フセイン・チャラヤン
ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅

会期:2010年4月3日(土)〜6月20日(日)
休館日:月曜日(ただし5月3日は開館、5月6日は休館)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 B2F
開館時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)

プレゼント応募フォーム

応募期間:2010年3月31日(水)〜4月21日(水)
抽選日:2010年4月23日(金)

プレゼントの応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

当選者は下記の5名様です。おめでとうございます!
東京都 S・O様 / 千葉県 T・K様 / 沖縄県 H・N様 / 千葉県 H・M様 / 東京都 D・S様