ウェブマガジン「この惑星(このほし)」 > 星ぼしブログ > 屋久島ダイビング日記

屋久島ダイビング日記

ミレニアムマツカサウミウシ

 
【ポイント】  ゼロ戦/タンク下  【 天気 】  曇り時々雨  【 風 】 北西の風
【 水温 】  21,6℃ 【透明度 】 30~40m  【 潮 】  中潮


nikon D700 nikkor 60mm f16 1/180 iso400
ミレニアムマツカサウミウシ
なんて思い切った名前だろう。。。
きっと2000年に発見されたとか、名前が付けられたとかなんだろうな。

黒いガヤに2個体くっついていた。
屋久島ではガヤ自体がそれほど多くないのでこの手のウミウシを見る機会が少ない。
と、そんなことを書いてしまったけどガヤを丹念にチェックしたことがなかったかも(笑)
大きなガヤに潔くくっついていたので写真も撮り易いし、じっくり見ることもできた。



ミレニアムマツカサウミウシ / イボヤギミノウミウシ
ミレニアムの傍にはこの前見つけたイボヤギミノウミウシが変わらずにペアで見られた!



アヤヘビギンポ (オス) / (メス)
浅場の岩の側面ではアヤヘビギンポが至る所で婚姻色を出しているのを見かけた。
ゴマフヘビギンポの仲間も婚姻色を出していた。
生態シーンが少ないこの時期だけどヘビギンポの仲間たちが浅場を盛り上げてくれるのでありがたい!
よ~し今年はヘビギンポの繁殖も狙おうかな!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

2011年3月 2日 00:44

この記事のURL:http://konohoshi.jp/yakushima/2011/03/post-87.html

コブシメ産卵開始!

 
【ポイント】  お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南東の風
【 水温 】  18,2℃ 【透明度 】 30m  【 潮 】  長潮


nikon D700 nikkor 14-24mm f11 1/90 iso200
コブシメの産卵が見られ始めたとのことで久しぶりにお宮参り!

しかし、、、、産卵場所のウスサザナミサンゴ群落へ行ってみるも、産卵どころがコブシメすらいない。
ん~残念。しょうがないので魚溜りで遊んでいると、なんだか群れの感じがいい!
気がつくと夢中で撮影していた(笑)
ここは屋久島らしい景色が見られる素敵な場所、何度来ても楽しいな~。

窒素もたっぷり溜まったし満足したので引き返すと、ウスサザナミサンゴ群落ではコブシメが産卵していた。
ええ~.......。酷い........。



コブシメ交接
全部で5個体のコブシメ(オス2、メス3)が喧嘩したり交接したり、産卵したりを繰り返していた。
コブシメ自体のサイズも大きくヘビー級と言っていいだろう。なかなかの迫力!!
窒素が限界だったので浮いたり沈んだりしながら観察をさせてもらった。(身体に悪そう...)



コブシメ喧嘩
今年はオス同士の喧嘩シーンをビシッと撮りたいな!
コブシメ産卵は例年GWくらいがピークになるので是非とも見に着て下さいね~!!

それではまた。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

2011年2月27日 21:12

この記事のURL:http://konohoshi.jp/yakushima/2011/02/post-86.html

アオイガイ!!

 
【ポイント】  一湊タンク下  【 天気 】  雨時々曇り  【 風 】 東の風
【 水温 】  18℃ 【透明度 】 30m  【 潮 】  中潮4


nikon D700 nikkor 105mm f11 1/125 iso400
アオイガイ

今日は温かく陽射しもそこそこあって気持ちがいい一日!

タンク下でいつも通りプラプラと潜ってきたけど収穫はほとんどなかった。
エキジットしようと岩に手をかけようとすると、、、、ん??

うぎゃぁ~!!アオイガイだ!!

アオイガイはイカ・タコの中でもトップクラスの憧れ生物だ。
自分で作った貝に乗って海を放浪する不思議なタコ。遂に見れた~!!

アオイガイは押し寄せる波で岩にゴツゴツとぶつかっているような状態でいた。
逃げられないうちにとすぐさま写真を撮るも全然写らない。。。
水面下は波とサーモクラインでとても撮れたものじゃない。ちくしょ~。

何度もトライしたけどサーモクラインには勝てない。
最後に少しだけ水中に潜ってもらって数枚だけ撮らせてもらったのが上の写真。

写真はダメだったけどとにかく出会えて良かった。
ありがと~、海!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

2011年2月24日 22:31

この記事のURL:http://konohoshi.jp/yakushima/2011/02/post-85.html